ハイキングでの膝痛予防はトレッキングポールが最強

中高年に人気のハイキングですが、膝を痛めて好きなのに続けられないという人が多いのをご存じですか?

膝の軟骨などはすり減るとほぼ再生しませんので痛みに苦しむことになります。

そもそもハイキングの中で膝に最も負担がかかるのはどういう場面でしょうか?

何となく登りに負担がかかっているように思いますが、実は下りの方がずっと負担が大きいのです。

それは登りは重力に逆らっている行為なのですが、下りは重力によって加速されている行為だからです。特に階段などの段差の大きなところを下る時は着地の瞬間に膝や腰に大きな力が加わります。

ドンドンと下るというより「落ちている」といってもいいのです。
そして体が落ちるのを筋肉で制止して減速しているのです。この大きな力が膝を痛める原因となります。

しかも、下山時は登りで体力を消耗しているので筋肉の制止が効かなくなってくるのでさらに衝撃はダイレクトに膝に伝わります。

この下りの着地の衝撃を腕に逃がすことで吸収するのがトレッキングポールの効用です。

特に2本のポールを両手で使うダブルポールであればより効率的に吸収できます。

その効果は段差の大きな荒れた下り道ほど大きくあらわれます。

なれれば、使い方も簡単でさらにバランスを保つのも効果があり転倒防止にも役立ちます。ぜひ、膝痛予防にトレッキングポールを使ってみてください。

手軽に山でハイキング楽しむためのコツを伝授

冬が終わり春が訪れアウトドアが楽しめる季節がやってまいりました。

アウトドアと言いますと色々道具がいるなとか、時間がないなとためらう方もいらっしゃいます。

そこでお金をかけないでアウトドアを楽しむとなるとおすすめなのは山でのハイキングです。

トレッキングシューズや通気性の良いウエアは命を守るため必要になりますが、ハイキングでしたら高スペックなものでなくても大丈夫かと思います。

山でのハイキングをなぜおすすめするかといいますと、まずは良い運動になります。

山を一生懸命必死に登りますので、日頃のストレスを発散することもできます。

気を付ける点としては、日頃の運動不足がたたって膝を痛めたりすることが有りますので、ストレッチなど準備運動を行うことと、正しい歩き方などを知っておくと安心です。
>>膝の痛みを予防して快適なハイキングを

そしてなんといってもお楽しみなのは、山で食べるご飯がとても美味しいのです。

これは道具がなくても楽しむことが可能です。少し荷物にはなりますが、魔法瓶に熱湯を入れて持って行くとあったかいコーヒーやインスタントを楽しめます。

お湯を入れて一度魔法瓶をあっためてからにすると、何もしないよりは温度を保てます。

美味しい空気を吸いたい、自然に触れ合いたい、現実逃避をしたい、そんな時にはあまり標高の高くない近くの山でハイキングすることをおすすめします。

環境への配慮は大切ですが、自然の中で食べるご飯は格別です、

たのししハイキング、普段から膝痛予防

ハイキングは楽しいもの、空気は澄んでて、歩いた後のご飯もおいしいです。

しかし、つらいのは歩いた後の膝痛。どうすれば予防できるのでしょう。

ハイキングで歩いた後は、いつも以上に筋肉痛になったり、膝や腰が痛くなった経験のある人もいるのではないでしょうか。

ハイキングで歩く場所は、普段歩く場所以上に、足元が悪く歩きにくかったり、高低差がありします。普段より運動し、負担が膝にかかることから、痛くなるようです。

膝痛を防ぐには筋肉をつけることです。

普段からよく歩き、またストレッチを心がけましょう。歩き方は、猫背になったりしていませんか、背筋は伸ばして歩きましょう。膝サポーターを利用するのもいいでしょう。
Continue reading →

スポーツクラブでいためた膝は病院での治療をへてハリで改善したのです

スポーツクラブで、膝を使いすぎて膝が曲がらなくなってしまったのです。

もちろん、整形外科に行って検査をしまして、治療をおこないました。変形性膝関節症という診断をうけたのです。

膝に水もたまって、痛みも出て歩けなくなってとてもつらい思いをしました。

もちろん、病院の医師がひざの水をぬいてくれましたし、装具をつけた治療を考えてくれたのですが、実は面倒になってやめてしまったのです。

そして、リハビリもおこないましたが、もう膝が曲がらなくなって、これ以上、回復の見込みないので病院へ通院はやめました。
Continue reading →

大切な老眼の予防方法と心掛け

視力が悪くなるのは生活をしていく上で不便で困ることです。

最近では若い人でも近眼の人が多くいますが、中には視力がとても良い人も時々います。

近眼になっていない人も含め、今後注意していかなければならないのが老眼です。

近眼は遠くのものが見えなくなりますが、老眼はそれとは逆で近くのものが見にくくなります。

今まではハッキリと見えていたものが見えなくなるというのは、とてもショックなことだと思います。

これまで視力の良かった人は、老眼により自分の視力に自信をなくしてしまうかもしれません。
Continue reading →

老眼予防やその対策~栄養を摂る

老眼は視力が良い人ほど起こりやすく、近くのものが見にくいのが主な特徴でもあります。

その予防方法はやはり目に良い栄養素を取り入れることや、できるだけ早めに眼科で見てもらうことなどです。

実際に目に良い栄養素はビタミンAなどです。
その他ビタミンB・C・Eなども必要な栄養素です。

このような栄養素をバランスよく摂取することは大事なことです。

さらに、最近の目に良い栄養素として着目されているものにルティンがあります。
野菜などに主に含まれており、抗酸化作用・アンチエイジング効果があります。
Continue reading →

中高年の尿トラブルについて

みなさんは中高年尿トラブルについてどのようにお考えでしょうか。

おそらく多くの方は年齢を重ねれば自然と排尿が困難となると思われていると思います。

確かに年と共に排尿が困難となるのは間違いないです。

ですが、だからと言ってその状態を放置しておくのはあまりおすすめしません。

というのも、男性の排尿が困難となる原因は前立腺の肥大によるものだからです。

それによって尿道が圧迫されて排尿が困難となるのです。
Continue reading →

ツボ押し・ストレッチで膝痛を減らしましょう。

登山の膝痛対策といえば、準備運動や登山時に歩き方に気を付ける、膝にサポーターを巻くなどといったことが多いのではないでしょうか。

膝への負担を減らす事も大切ですが、同時に膝を鍛えたり、メンテナンスすることも行ったほうが膝のために良いですよね。

今回は、膝を強くする足のツボと膝を鍛えるストレッチポーズをご紹介します。

膝のツボ(内膝眼・ないしつがん):
膝を直角に曲げると膝の皿の下に窪みが二つできます。

その窪みの内側がツボです。膝が痛い時に親指と中指でつまむように押します。

膝裏のツボ(委中・いちゅう):
膝を曲げた時にできる、膝の裏側の横じわの真ん中。足の疲れ、腰痛にも効くツボです。
Continue reading →