ツボ押し・ストレッチで膝痛を減らしましょう。

登山の膝痛対策といえば、準備運動や登山時に歩き方に気を付ける、膝にサポーターを巻くなどといったことが多いのではないでしょうか。

膝への負担を減らす事も大切ですが、同時に膝を鍛えたり、メンテナンスすることも行ったほうが膝のために良いですよね。

今回は、膝を強くする足のツボと膝を鍛えるストレッチポーズをご紹介します。

膝のツボ(内膝眼・ないしつがん):
膝を直角に曲げると膝の皿の下に窪みが二つできます。

その窪みの内側がツボです。膝が痛い時に親指と中指でつまむように押します。

膝裏のツボ(委中・いちゅう):
膝を曲げた時にできる、膝の裏側の横じわの真ん中。足の疲れ、腰痛にも効くツボです。

ツボ押しは、押した場所だけに効くのではなく、体全体の疲れをとり、心身のパフォーマンスを上げる効果があります。

思いついたときにいつでもできるので、是非試してみてください。

膝に効く運動ではスクワットや太腿の全面を伸ばすストレッチが膝痛の予防になります。

膝が痛む時は、足首や腰の不調も関連しているので膝だけを動かすのではなく、下半身全体をほぐしてください。

どれも、短い時間で簡単にできることばかりです。登山の休憩時間に行うのも良いのではないでしょうか。

あとは、軟骨がすり減っていたり、クッションとなるヒアルロン酸の減少も膝痛の原因となります。

膝を支える筋肉を鍛えることで負担は減らせると言われていますが、サプリの併用も私は効果的と感じました。

こちらでも山登りでの膝痛が詳しく紹介されていたので参考にされると良いと思います。